MENU

女性の髪の「薄毛化」と「細毛化」

貴方の髪は今「薄毛」? それとも「細毛」?

 

女性の薄毛悩み | 回復ポイントはあるんです!
現役美容師として
お客様の髪の毛に30年近く触れてきました。

 

最近 女性の「薄毛」の相談をよく受けます。

 

確かに以前と比べると 女性の薄毛は進んでいます。

 

ただ・・・
よく耳にするコトバの「薄毛」と言っても

 

★何らかの原因で脱毛して、全体に髪が薄くなってきたタイプ

 

★生え際や天頂部など、一部分が抜けてきているタイプ 

 

★脱毛ではなく、全体の髪が「細毛化」してボリューム感がなくなっているタイプ 

 

★パーマやカラーリング、シャンプーなどで髪を傷めてボリューム感がなくなっているタイプ 

 

などなど・・・

 

本当に脱毛して「薄毛」になってしまっている場合もありますが
髪が「細毛化」してボリューム感がなくなり「薄毛」に見えているだけ場合があります。

 

 

女性髪の毛は男性よりも「太い」?

 

女性の薄毛悩み | 回復ポイントはあるんです!

 

人は体の中で男性ホルモンと女性ホルモンを分泌しています。
当たり前ですが女性には女性ホルモンが多くあります。
この女性ホルモンには髪を太くする作用があり、反対に男性ホルモンはこれを制御しようとしてしまいます。
その為女性の髪の毛の方が太くなる傾向にあります。

 

一般的なイメージとしては女性の髪はサラサラヘアー、男性の髪は剛毛である。
このようなイメージですよね。
このイメージだと、男性の方が女性より髪が太いイメージですが、
実際には反対(逆)でした。

 

「でした。」と過去形にしましたが、現在では
女性の髪の「薄毛化」「細毛化」が始まっています。

 

年代によってそれぞれ薄毛対策は変わってきます。

薄毛といっても年代によって、その「原因」と「対策方法」は違います。
20代の女性が50代の女性と同じ「薄毛対策」をしてもその「発毛効果」は期待できません。

 

年代に合った「薄毛対策」が、女性の薄毛回復のポイントです。

 

 

20代女性の薄毛対策

 詳しくは20代女性の薄毛対策コチラをご覧ください。

 

 

30代~40代女性の薄毛対策

 詳しくは30代~40代女性の薄毛対策コチラをご覧ください。

 

 

50代女性の薄毛対策

 詳しくはAGAルネッサンスクリニックコチラをご覧ください。

 

女性の髪の毛が抜ける原因は色々あります。

女性の髪の毛が抜けて薄毛になる原因には、ダイエット、食生活、更年期・・・・色々あります。
原因は一つではなく、複合的な要素が多いですね。

 

女性の薄毛の原因とは・・・

 詳しくは女性の薄毛の原因とはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

 

なぜ女性の薄毛が増えているの?

 

女性の薄毛悩み | 回復ポイントはあるんです!

 

現在日本国内の女性の約6~10人に1人は薄毛悩んでいる言われるようになってきています。

 

 

薄毛の悩みは以前では男性特有の問題と言われていましたが
、現在では女性にとっても大きな問題になっていますね。

 

薄毛といっても、脱毛のように、髪の毛が抜ける事による直接的な悩みだけでもありません。
髪の毛が細くなってしまったり(細毛化)、それによって髪全体のボリュームが以前と比べると明らかに減ってしまう場合も多くなっています。

 

私も現役美容してして働いていますが、30年程前と比較しても現代では確かに
女性の「薄毛化」「細毛毛」は増えています。

 

女性の薄毛の原因は生活環境の変化により、ホルモンバランスが崩れること!?

20年ほど前と比べてみても女性を取り巻く環境は急激に変化しています。
生活環境の変化としては、女性の社会進出の機会が増える事により、男性と同様の労働時間の増加や仕事の責任が増える事により
ストレスや労働時間のの増加があります。

 

家庭を持ちながら、仕事をされる女性の場合は男性以上の労働時間になってしまいますね。

 

食生活も以前と比較すると変化していますね。
忙しくなると外食で夕食を済ます機会も増えたり、おやつやジャンクフードを食べ過ぎたりと食生活も乱れてしまいますね。

 

また男性と比べると、女性のほうが「美」に対する意識も敏感で、最近では過度なダイエットなども流行っています。

 

このように生活環境、食生活の変化が女性のホルモンバランスを崩し薄毛や抜け毛に大きな影響を与えています。
女性の薄毛の増加を考えるヒントもここにあります。

 

生活環境の変化によって、体内でのホルモンバランスが崩れてしまうことがよくあります。
女性も体内で(男性と比較すると少ないですが)男性ホルモンを分泌しています。

 

労働時間の増加による体力の低下、ストレスの急増、過度のダイエットなどは、ホルモンバランスを崩してしまい
女性ホルモン量を減らし、相対量として男性ホルモン量を増やしてしまいます。

 

女性ホルモンの働きは、髪の毛を太く成長させる働きがありますが、
男性ホルモンは反対にこれを制御する働きをもっていて薄毛や細毛の原因になります。

 

またホルモンバランスが崩れると毛周期:ヘアーサイクルでの髪の毛を作る成長期の期間が短くなり
十分に成長していない細く、短い髪の毛の状態で後退期に移ってしまいます。
その後休止期の期間を延ばしてしまい、抜け毛の増加につながり、結果薄毛が進行してしまうと言われています。

 

食生活の変化も女性薄毛増加の原因!?

食生活も見直さなければいけないかもしれませんね。
仕事が忙しくなり外食の機会が増えたり、ストレスなどでおやつ、ジャンクフードなどの食べ過ぎによって、体内では脂肪分やコレステロールが増えてしまいます。
脂肪分やコレステロールは頭皮の脂分・皮脂の分泌を過剰に増やしてしまう場合があります。
過剰な皮脂は頭皮の毛穴を塞いでしまいます。
これによって毛穴・毛根内でバイ菌が繁殖して脱毛症状が起きてしまう場合があります。

 

最近は「○○だけを食べるダイエット」や「炭水化物を絶対食べないダイエット」など過度・過激なダイエット方法がTVやネットで流行っていますね。
しっかりと管理されたダイエットは薄毛には影響ないですが、過度・過激なダイエットは問題です。
過度・過激のダイエットを続けてしまうと、体は栄養失調状態になってしまいます。
こうなると、なかなか頭皮下の毛細血管まで髪の毛の栄養分が運ばれなくなり、最終的に毛が抜けてしまう場合がおきます。

 

 

年代別 薄毛対策方法

女性の薄毛対策

このページの先頭へ